SHOP LIST

☆ゆめあんしんニュース6月5週号☆

こんにちはゆめあんしんプラザです
今回のゆめあんしんニュースは「入院の短期化と通院について」です

現在、入院日数は短期化の傾向にあります。平均入院日数は約17日となり、15年前のほぼ半分となっています。
そのかわり、通院治療をする患者数は年々右方上がりで増加しています。

この理由のひとつとしては、医療技術の進歩により、より体への負担が少ない治療を行えるようになったことがあげられます。
たとえば、腹腔鏡手術などはみなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか
こういった治療が広まってきたことで、平均の入院日数が短くなっています。

またべつの理由としては、長期入院よりも短期入院の方が病院の診療報酬の点数が高くなっていることもあげられます。
超高齢社会を前に、欧米並みに入院日数を短くすることが目標となっており、それに合わせた形で診療報酬点数も設定されています。
つまり、病院としても質の高い医療を提供しなるべく早く患者の社会復帰を図ることでより効率的な経営を行うことができるのです。

こうした現状を踏まえると、短期入院や通院の保障は今後ますます重要になっていくと考えられます。
ご自身の加入されている医療保険は、こういった医療の変化に対応できるものになっていますか
今後の医療の進歩も考え、一度加入中の保険を再確認してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、保険を見直すときはゆめあんしんプラザに相談するのがオススメ・・・ですよ


保険でお悩みのことがありましたら、お電話もしくはお立ち寄りの際にご予約ください。保険相談は完全無料ですのでお気軽にご相談ください

ゆめあんしんプラザ

Service
1F
保険
SHOP INFORMATION

その他ショップニュース OTHER SHOP NEWS

PAGE TOP